プロ野球選手になるには?投手にも野手にも共通する最も必要な練習

結局のところ、プロ野球選手になるにはなにをすればいいのか、そう考えた人も少なくないかと思います。

実は、プロ野球選手になるために必要なものとして、投手と野手に共通しているものがあります。

もっと言うと他のスポーツでも共通しています。

それは、「骨盤」です。この骨盤の必要性をわかっていない人が多いように思うので、今回はこれについて説明していきます。

さきに言っておきますが、はっきりゆって筋トレよりも骨盤のほうが100倍大事です。

骨盤とは

骨盤とは上半身と下半身をつないでいる部分をいいます。上半身と下半身を連動させる役割をもっています。

骨盤は仙骨、寛骨、尾骨から成り立っていて、寛骨の一部の腸骨と仙骨の間の関節を仙腸関節といいます。画像でゆうと赤のラインのとこです。青のラインは股関節です。

この仙骨関節と股関節が骨盤の可動域につながってきます。

骨盤は知っているけど、骨盤が野球に対してどのような役割があるかわからない方も多いと思います。

上半身と下半身をうまく連動させることによって力を伝えることは、野球にとってかなり大事なことです。

むりに上半身をやみくもに筋トレしたり下半身の筋トレしたりしすぎてる人いませんか?

いくら鍛えたところでこの連動させる骨盤が機能していないといつまでたっても上手くなりません。

多少パワーがつくぐらいで、技術的な細かい部分での成長は無理です。
さらに、骨盤の機能を改善したり強化したりすることによって、少ないパワーで大きな力を出せるようになります。

その少ないパワーで大きな力を出せるようになればすごいことになると思いませんか?

実は一流選手はみんなこの骨盤がかなり発達しています。

他のスポーツにおいてでもです。

私自身、骨盤の動きをよくしたり、周りの筋肉を強化するだけで、考えられないほどの技術的アップを経験しました。

筋トレや走り込み、きつい練習とかなにもしていません。

ではその骨盤の重要性や、練習方法について説明していきます。

骨盤の重要性

なぜ骨盤が重要なのでしょうか?

先ほども言ったように上半身と下半身を連動させる場所だからなのですが、それ以外にもあります。
それは安定性です。投手であれば、下半身で投げろとか、下半身を鍛えて、フォームを安定させろとかいいますよね。

これは下半身ではなく、骨盤です。

骨盤で投げて骨盤で体を安定させるのです。

速い球を投げたり、遠くに飛ばすためには、骨盤(腰)の素早い回転が必要です。

安定したフォームをつくるには、骨盤が後傾しないようにかます(骨盤が立った状態)ようなイメージで投げる必要があります。

このコツをつかむと、いわゆる➡︎100のフォームをつくることができるのです。

つまり、少ないパワーで大きな力を出せるようになります。

力を抜けとよく言いますが、

これは本当に力を抜くのではなく、骨盤をかまして安定性を保っているから、入れる必要がなくなるのです。(投げる瞬間は力を入れます)

ダルビッシュさんなんかがそうですね。

全く力を入れているように見えませんよね。

あれは骨盤に任して投げる瞬間だけ力を入れているからなんです。

しかもそれができると、投げるスタミナも大幅にアップします。

低燃費みたいなもんですね(笑)

これを知ったら、やみくもに筋トレしてるの意味ないと思いませんか?

筋肉を鍛えることも大事ですが、骨盤が発達していない人が筋トレをしたところで、空回りしてしまうのです。

骨盤発達➡︎筋トレのほうがいよいです。

例えば、バッターなんかで、筋トレをしてバットスピードが多少上がったとします。

しかし骨盤が発達していない人がそれをやると、骨盤がついていけなくなり、フォームがぶれぶれの開いたフォームになってしまうのです。

では骨盤が発達していればどうなるのか?

まず、骨盤の可動域(仙腸関節)が広いと、

テークバックをより大きくとれます。

テークバックを大きく取れるとゆうことは、それだけ振り幅が大きくなるので、当然遠くに飛ばしやすくなります。しかも筋トレの何倍も効果があります。

さらに骨盤はフォームの安定性につながるので、骨盤を軸に回転することによって開きがなくブレないフォームをつくることができます。

低めの変化球の対応も変わってきます。

低めの変化球によく手を出してしまいませんか?

骨盤が発達していれば、低めの変化球に対してバットを止めることが可能になります。

体が前に行ったり開いたり、目線がブレたりしないからです。

もちろん、骨盤が発達したらすぐとゆうわけではなく、ちゃんとした骨盤を使うフォームを身につけなければなりません。

開かないように意識する人がいますが、骨盤が発達していなければいくらやっても開いてしまうのです。

これはかなり時間の無駄になりますよね。

骨盤の重要性や機能についてはわかっていただけたでしょうか?

では次に練習方法について紹介します。

骨盤の発達のさせ方(練習方法)

この動画を見てください。

骨盤を立てるエクササイズです。

まず骨盤をかませる状態が作れていない人(骨盤が後傾したり前傾しすぎている人)はこのエクササイズで骨盤を立てれるようにしてください。

決して腰はそってはいけません

骨盤あたり(股関節の数センチ上ら辺をそらせるイメージです。これが骨盤を立てる行為なのです。これができれば力を抜いて投げれるようになってきます。

次に仙腸関節の可動域を回復させます。

;

こちらの動画では、ひざを入れ替えて、仙腸関節を動かしています。

大事なのは、力を抜いてひざを入れ替えるのですが、

あくまでイメージは骨盤あたりを、前にだしたり引いたりするかんじです。

これができるようになれば骨盤の安定性がまします。

バッティングやピッチングで骨盤が開くのを防げるようになり、結果的に開かないフォームを作り上げることができます。

可動域をつくることができたらつぎにそれに耐える筋肉をつけます。

骨盤周りの筋トレ

骨盤周りにはたくさんのインナー(深層筋)があり、これらを鍛えることで、骨盤を常に立てることができたり、骨盤が強くなります。

基本的には腸腰筋とゆう、足をあげるさいに使う筋肉が重要視されますが、野球のフォームでは横向きもあるので、他にも鍛える筋肉があります。

こちらの動画では、お尻の深層筋(中臀筋)と内転筋をきたえています。

一個目のトレーニングが中臀筋、二個目のトレーニングが内転筋(内もも)です。

深層筋とは深い部分にある筋肉です。

これらのトレーニングは骨盤の安定性がアップします。

他にも重りを持たないでやるスクワットなども骨盤にいいトレーニングです。

全ていますぐにでもできるトレーニングだと思うのでぜひいますぐやってみてください。

畳一畳あればできます(笑)

以上骨盤の重要性とトレーニング法でした。

それでは!