肩を強くするには?僕が強かった理由

少年野球の方など肩を強くしたいと思ってる方も多いとおもいます。

そこで今回は肩を根本から強くする方法を紹介したいとおもいます。

また私が強かった理由も公開します。

肩が強い人の特徴

肩が強い人に共通するものはなんでしょうか?

センスでしょうか?

たしかに初めて野球をやる時は運動センスの差で肩の強さが多少かわるとおもいます。

ですが、そのセンスの差は練習で簡単に埋めることができます。

肩が強い人の共通点は、体の使い方です。

体の使い方が大きく左右します。これがはじめから上手い人はセンスがあるとゆうことですね。

その体の使い方とは、

  • 力を入れる部分をわかっている
  • 地面からの反動を体に伝える
  • 全身の力を連動させる
  • 体の回転スピードが早い
  • 余分な力が入っていない
  • 正しいフォーム

です。

この中で1番大事なのは、

全身の力を連動させるです。

いくら上半身が強くても下半身の力をボールに伝えることができなければボールを遠くに投げることはできません。

肩が弱い人は、これができていないことが多いです。

といっても連動させる方法なんてイメージわきませよね。

まず下半身を使うには、地面からパワーをもらうことが必要です。

地面からパワーをもらうには、ステップと地面を足で蹴ることが大事です。

ステップはやる中で自然とわかってきますが、

地面を蹴る感覚はかなり難しいです。

とゆうのも、地面を蹴るとゆうのは本当に蹴るようなかんじではなく、

蹴る力を利用して、下半身を高速回転させる必要があります。

つまり、蹴りながら、下半身を回転させるのです。

この時大事なのは、上半身も同時に回ってはいけません。

一瞬ずらすことで、下半身と上半身にひねりが生まれ回転のズレが生まれます。

このズレが遠くに投げるコツです。

これはピッチャーの球の速さにも影響します。

これができると、体の使い方は上手いといえます。

蹴る力が強いほど、回転スピードが速くなるし、ズレが生まれることで、連動させれます。

これは、実際に投げながら練習するのはかなり難しいので、

ネットスローやシャドーで練習してください。

しかし、このズレを生むフォームを体得するのはかなり難しいです。

はっきりゆって僕も全然できなかったです。

だから僕は、必然的にこのズレを生む体にしようとおもい、骨盤を発達させました。

骨盤が硬いと、ズレはうみにくくなりますが、可動域が広いと、力を抜けば、勝手にズレてくれます。

とゆうか、感覚として分かります。

骨盤を発達させる方法はこちら

結局のところ、プロ野球選手になるにはなにをすればいいのか、そう考えた人も少なくないかと思います。 実は、プロ野球選手になるため...

あと、力をぬく、力を入れる部分とゆうのは、

力を抜けば、先ほど行ったように、上半身と下半身がひねられ、ズレが生まれやすくなるからです。疲労軽減にもなりますしね。

なにより、0➡︎100に近づけます。

力を入れる部分とゆうのは、

下半身の力を使えば、回転スピードが上がり、腕が速く振れるのですが、

最後のリリースのところで、8割の力で、ボールをつぶすイメージで、力を入れます。

つぶすことで、回転数の高い送球になり、伸びのあるボールを投げれます。

なぜ8割かとゆうと、思いっきり投げると、バランスが崩れてしまうからです。

ステップをするとどうしても前に進む力のせいで、バランスがとりにくくなります。

そこで思いきりなげると、目線がぶれやすくなってしまうのです。

そうなると、結果的に悪送球になりいい送球とはいえません。

プロ野球を見ててもおもいっきり投げる人ってほとんどいないです。

スローでみると分かります。

そして、正しいフォームですが、これは体が柔らかくないと、絶対絶対できません。

肩甲骨が硬ければ、肘のしなりがでませんし、肘が下がったりして、怪我につながります。

私も中学生のころ肩甲骨が硬くなったせいで、不良フォームになり、肘を痛めてしまいました。

正しいフォームは身につけることは本当に大事です。

私が肩が強かった理由

私が野球をはじめたころ(小5)、肩が強くてピッチャーになりました。

なぜ肩が強かったのでしょうか。

それは、肩甲骨が柔らかかったからです

中学生のころにかたくなってしまいましたが。(笑)

肩甲骨が柔らかいと、正しいフォームで投げやすくなります。

なので、初めたころから正しいフォームで投げれていたからです。

当時はガリガリでしたし、とても筋肉がある状態ではなかったです。

つまり、少年野球の方などでも肩甲骨を柔らかくするだけで肩が強くなります。

小学生のころは余分な筋肉がないから、自然と正しいフォームになりやすいです。

僕もそうでした。

肩甲骨が柔らかくなる方法は以前紹介しましたので、リンクを貼っておきます!

肩甲骨の可動域を広げる方法を紹介しています。私が二か月で柔らかくした方法です。野球選手むけですが、肩こりで悩んでる方なども必見です。

まとめ

とにかくまず体の使い方よりも、肩甲骨を柔らかくすることが

肩の強さに影響します。

体の使い方といっても肩甲骨が硬すぎると話になりません。

小学生は肩甲骨が柔らかい方が多いとおもいますが。

中学生や高校生になるとどうしてもかたくなります。

硬球を投げてる方はとくにです。

とりあえず柔らかくすると、遠くに投げれるように少しはなるとおもうのでやってみてください。

以上です!

それでは!