野球のキャッチボールの基本!姿勢と投げ方の大事なポイント3つ


少年野球の方などまだキャッチボールの基本がわからない方も多いとおもいますので、

これだけはやっておいたほうがいい、とゆうものを分かりやすく、3つ紹介します。

この3つは、野球をやる上で絶対に必要な動作です。

体を無駄にぶらさない

難しくゆえば軸で投げるとゆうことですね。
キャッチボールをするときに力を入れて、体を無駄に動かす人がいます。

これは、送球などの上で、大変不利です。

力を抜いて投げる瞬間だけ力を入れることが大事です。

送球までのスピードとおそくなるし、送球がそれやすくなるからです。

ですので、なるべき首から上は動かないぐらいのイメージで投げると、比較的、コントロールがよくなります。

あと、コンパクトな体の使い方になり、スピードもますし、腕が振りやすいです。

これは徹底すべきですね。できてない人が多いです。

胸に投げる

これは本当に基本中の基本ですが、意外とできません。

とゆうか、意識してない人もいます。

胸になげることがなぜ大事なのか。

それは送球の際に胸になげることで、相手がとりやすいからです。

とりやすいとゆうことは、次の動作が早くなります。

中継などの際はとくにですね。

だからボール回しでも胸に投げろとゆうのです。

しかも、どこかに狙いを定める癖をつけることで、コントロールもよくなります。

感覚的な問題ですね。

胸に投げて入れば、相手もキャッチボールやりやすいな、とおもってくれるでしょう。

胸に投げることは、相手を思いやる行為でもあります。人間としても相手を考えれるような人間になることができます。

野球から人間性を学ぶことは結構多いんですよね。

とにかく1球目から胸になげることを意識してください。

低い姿勢で構える

ボールを受けるさいに、突っ立って取る動きは野球の中でありえません。

ですので、受けるときはボール回しの時のように、低い姿勢でかまえ、次の動作に素早く移れるクセをつけておくのです。

そうすることで、試合でも素早く動けるようになり、緊張感も取れます。

機敏な動きが多い、内野手はとくにですね。

低い姿勢で構えることで、悪送球の対応も素早くなります。

まとめ

この3つを実践しておけば、キャッチボールの基本はマスターできます。

とにかく実践してくださいね。

キャッチボールを怠る選手にいい選手はいません。

少年野球の方などは特に、まだクセがついてない時期ですので、今のうちにクセをつけておくことで、将来必ず役に立ちますよ!

頑張ってください!

それでは!