野球の変化球で比較的簡単に投げられるおすすめの球種!

野球で変化球を投げられれば、かなりピッチングの幅広がりますよね。

でも変化球ってむすがしい…

肘や肩を痛めるんじゃ…

フォームが崩れてしまう…

とゆうふうに思ってる肩も多いと思います。

そこで今回は僕が最も簡単に習得でき、かつ肘や肩を痛めないで投げれる球種を紹介します。

ズバリそれはチェンジアップ!

チェンジアップって知ってますか?

いわゆる緩急なんですが、これが本当に凄いんです。

極めればプロでも打ち取ることができます。

スライダーやフォーク系を打つのが得意な人いって結構いますけど、チェンジアップが得意な人ってなかなかいません。

なぜなら人間は緩急に弱いからです。

緩急は練習で対応できるものではないからです。

チェンジアップはストレートと見せかけ、実は緩急だった。とゆうことができるようになります。

ゆえばチェンジアップはストレートの遅い版みたいなものです。実際には少し落ちますが。

チェンジアップのメリット

まずなんといってもチェンジアップのメリットは、

肘や肩を痛めにくいことです。

なぜかとゆうと、ストレートと同じ腕の振りでほいっとなげるだけだからです。

つまり、ストレートと同じ感じで投げれるから、ストレートを投げていて痛めない限り痛めるわけがありません。

しかもストレートと同じ振りとゆうことは、同じフォームで投げれるから、
フォームが崩れる心配がありません。

これって多分変化球の中でチェンジアップだけだと思いますよ。

しかも覚えるのが比較的簡単です。

もし試して見て、納得行かなければやめておけばいい話ですからね。

チェンジアップのデメリット

チェンジアップは少しボールを抜きながらなげるのですが、抜きすぎると高めにういてホームランボールになってしまいます。

かなり飛びやすいボールになってしまうのです。

しかし、練習をきっちりすればそうそう抜けることはないでしょう。

あと、チェンジアップは、目に見えるほどは変化しない場合が多いため、初めは不安になります。

そもそもチェンジアップは上下の変化ではなく、

緩急の変化なのです。

つまり、「意外とボールこないな」と思わせればいいわけです。

それで早くふりすぎて、ひっかけたり空振りしたりしてくれます。

ただピッチャーから見るとそこまで変化しているかわからないボールなので、これは自分を信じるしかないです。

配球をしっかりくんだり、きちんとしたコースに投げ込めば、そうそう打たれません。

チェンジアップの投げ方


僕の握り方はこんな感じです。(左投げの場合)

これが一番肩や肘に負担がかからなくていい握り方だと思っています。

大事なのは握り方よりも投げ方です。

僕が思う大事なポイントを上げておきます。

  • 手や指に力をいれない

これは絶対ですね。手や指に力をいれると上手く抜けなくなります。

  • 人差し指と中指で抜く、小指の親指はそえるだけ

僕の中では絶対ですね。小指と親指はほぼ力いれてないです。コントロールが悪くならないようにそえてるだけです。

人差し指と中指で、軽く抜くことで、「あれ思ったよりこないな」と思わせることができます。

  • ストレートと同じ腕の振り、同じフォーム

これは、ストレートと同じ振りのほうが投げやすいとゆうのもありますが、

緩急を投げたいからといって軽くほってしまうと、あんがい騙されてくれないものです。

腕は思いっきり振るけど、手には力が入っていない、そんな感じです。

まとめ

どうでしたか?チェンジアップの魅力がわかったと思います。

チェンジアップは本当にコスパがいいです。

肩や肘に負担がかからない上に、誰でも投げやすいですし、

凄い武器にもなりえます。

チェンジアップが打者の頭にあるだけで、全然違うものなんですよ!

ストレート張っておこうかな?でも遅いチェンジアップもあるからな…みたいなかんじになります。

ぜひ試して見てくださいね!

それでは!